先端設備導入計画とは、労働生産性を一定程度向上させるため、先端設備等を導入する計画を策定し、その内容が所在する市区町村の「導入促進基本計画」に合致する場合に認定を受けられます。認定された事業者は、補助金申請の際の加点対象となること、税制や金融の支援等を受けることができます。

 

中小企業庁HPより引用

 

 

補助金申請の審査で加点対象になる

以下の補助金申請において、審査で加点されますので、認定を受けると審査に通る可能性が高くなります。

◆ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(略称:ものづくり補助金)

◆小規模事業者持続化補助金

◆サービス等生産性向上IT導入支援事業(略称:IT導入導入補助金)

固定資産税の減免

固定資産税の特例によれば、固定資産税は、3年間、ゼロ~1/2へ減免になりますが、減免割合は、市町村ごとに異なります。

金融支援時の別枠保証枠

金融支援として、中小企業信用保険法の特例もあります。

民間金融機関から融資を受ける際に、信用保証協会からの別枠保証が受けられます。

 

 

・補助金申請まで一貫対応
・税理士とのやりとりも代わりに対応可能
・一般のコンサルタントに依頼するより安価
・行政書士の集まりであり、他の業務も幅広くワンストップで受任可能
(各種許認可、各種契約書作成、定款作成など、ただし他士業業務を除く)

 

・64,800円(税込)

※あわせて補助金を申請依頼される場合は、補助金申請の着手金を無料といたします。(通常53,000円、成功報酬は別途設定)